片時も目を離せなかった子育てがひと段落する辺りからでしょうか、今度は子どもがお世話になる幼稚園の事が気になりますね。幼稚園はわが子にとって最初の「社会」。今まで自分が母として精一杯の愛情を与えてきたと思えば思うほど、わが子を託す幼稚園はしっかりと選んであげたいと思うのではないでしょうか。今の世の中は小学校受験が一つのブームと言われています。限られたお金持ちの世界の話だった小学校受験が一般的になった背景には、公立学校の学級崩壊、中学受験の塾通いの過酷さなどがあげられますが、どの幼稚園に入園するかによって小学校受験を有利に進めたり、受験そのものを回避できるとなると、わが子にとって最適な道はどれなのかを広い視野で考えて幼稚園を決めたいものですね。我が子に合った幼稚園受験先をしっかりと見極めていきましょう。

小学校受験を有利に進めるなら「お受験幼稚園」を選びましょう

小学校受験をベースに幼稚園選びをするのであれば、一番のおすすめはいわゆる「お受験幼稚園」です。お受験幼稚園とは「小学校受験を意識したプログラムになっている園」、「文教地区の幼稚園など小学校受験を希望する子どもが多く集まる園」と両方の意味合いがありますが、どちらも同じような価値観を持った教育熱心な家庭の親子が集まりますので、周りから浮くことなく安心して受験準備ができます。その年代の子どもにとって、園の中の先生やお友だちの影響力はとて大きいものです。大半が公立小学校に進むような園で、自分だけが受験を意識した生活を送るのは実に難しいものです。お受験幼稚園ならばごく自然に周りのお友だちと切磋琢磨しながら受験に向けて有意義に過ごすことができるのではないでしょうか。小学校受験を成功させたいならば、幼稚園受験先はお受験幼稚園に的をしぼってみましょう。

「付属幼稚園」ならばエスカレーター式での進学が可能です

「お受験幼稚園」が小学校受験を見越した上の選択ならば、もうひとつの選択がいわゆる「付属幼稚園」です。付属幼稚園とはおおまかに言えば「小学校から高校、もしくは大学まで一貫した教育が受けられる園」を言います。つまり付属幼稚園に入園できれば、高校、もしくは大学まで受験を経験することなくエスカレーター式に進学できる事になります。小学校受験はいざ知らず、塾通いの過酷さが喧伝される中学受験や思春期、反抗期のまっただ中という不安定な時期にちょうど当たってしまう高校受験を回避できるのはとても大きなメリットですね。学校によっては大学受験までも回避できるのですから、「受験に惑わされずに学びたいことを学んで欲しい」「スポーツや芸術に思い切り取り組んで欲しい」と考える家庭にとってはぜひとも選びたい幼稚園です。我が子には伸び伸びとした環境で可能性を広げてあげたい、そう考えるなら幼稚園受験先は付属幼稚園がおすすめです。