子どもの教育に関しての関心は年々上がっています。特に人間形成の基礎となる幼児期の教育はその後の人生に大きく影響が出るものです。そこで、安全で安心な、様々な教育をきちんと受けさせることができる名門幼稚園受験をする家庭が増えてきています。大きな理由としては、中学や高校、大学といった受験戦争に縛られることなく、個々の個性や能力を伸ばせる環境を与えたいと希望する保護者が増えてきていることにあります。様々な問題がはびこる現代、かっこたる教育方針のもと、しっかりとした人間形成を行うためには幼稚園からその環境を与えようというのは自然な流れとも言えます。そして一生付き合える長年の友を作らせたいという考えにも幼稚園に受験して入園することは最適な方法と言えます。

幼稚園受験をするメリットについて

受験して入園する幼稚園のメリットとしては、やはり第一に系列小学校への内部進学制度があることです。そのまま大学までエスカレーター式で上がれる学校も多く、それによって受験が一度で済むことがメリットです。そして、各幼稚園の教育理念がしっかりと確立され、それが家庭での教育方針と通ずるものがあることで、子どもがより良い環境のもと様々な吸収をしていけることにあります。幼児期は人間形成の中で最も重要な期間です。この時期に最適と思われる環境を与えることで、様々な能力を引き出し、それを開花させ、情緒豊かな人格となることが目的とされています。将来の道筋をつけられ、トラブルから回避させることを目的に幼稚園での受験を志す家庭は増えてきているのです。それは少子化によって一人の子どもにかけられる教育資金が増えていることにも人気が上がっている理由となります。

幼稚園受験に必要なことについて

まずは、どの幼稚園に魅力を感じるか、大切な我が子を通わせたいかという事前の調査をしっかりとすることが大切です。幼稚園によって掲げている教育理念は違います。自分の子どもに対する考え方に近い幼稚園選びをします。そして、受験に対してするべきことは、基本的な行動が行えるか、母親から離れて自分のすべきことが出来るか、そして物事の受け答え、言葉使い、落ち着きなどが重要になります。受験専門の親子で通える教室などに通って、合格に向けてのノウハウをしっかりと理解し、普段の生活の中でそれを実践していくことが必要です。子どもはその場で取り繕うことはできません。普段の習慣、身についていることが受験当日にも出るものです。子どもは親の行動、言動から吸収していくことが多いので、保護者や家族の生活もしっかりと正していくことが何よりも大切です。

伸芽会で行っている小学校受験の公開模試には、毎年2万人が参加しています。 伸芽会の教室は東京と関西に20校以上。アクセスも便利で、通い易い環境になっています。 多くの合格実績があるからこそ分かる、面接対策をアドバイスします。 伸芽会は創立60年を迎える、幼児教育の草分け的存在です。 入試イベントも豊富にご用意。名門小学校の先生を招いての個別面談会を年4回開催しています。 伸芽会で輝く「幼稚園受験」の子供たち